GTX1060の性能、特徴

GTX1060は旧世代GPUであるGTX960から微細化されながらも動作クロックは大幅に急増して処理の速いグラフィックボードになりました。またビデオメモリに関してGTX960は2GBが主流でしたが6GB RAMとなり3倍も増加され8Gbpsと高速化もされています。

またVRゲーム環境、高解像度への最適化。そしてDirectX12に最適化されたグラフィックボードになりました。その性能は旧世代ハイエンドの位置づけにあったGTX980性能相当となっています。

注意点としてGTX1060はSLIに対応されていないためGTX1060SLI接続はできません。

GTX1060の消費電力

性能が向上してもNVIDIA社の公式発表ではGTX960と変わらずに120Wを実現しています。そしてGTX1060の推奨電源は400W以上になっています。補助電源端子は6Pinコネクタ1つです。

GTX960からの交換は容易に可能となっておりより高いパフォーマンスを旧世代から引き継ぐことができます。

各BTOでもGTX1060搭載モデルの電源は400W〜700Wに設定されているモデルが多いです。拡張性を持たすなら400Wだと心配ですが500〜700Wであれば今後の拡張性にも十分に対応できる電源ユニットと言えます。

GTX1060のベンチマーク

パソコン工房がGTX1060のベンチマークをレビューしてくれていたので参考にしていただくと良いかと思います。

参考:パソコン工房 - GTX1060のベンチマーク

3D Mark 「Fire Strike」のテストではどの設定でもGTX960を大幅にスコアが上回っており、GTX980同等、もしくは以上のスコアを叩き出しています。

GTX60番台はミドルクラスといった位置づけになりますが性能は旧世代GTX900シリーズのハイエンドクラスの性能を誇ることがわかります。

VRゲーム環境に関してはなんとGTX960の約3倍近い性能を発揮しており旧世代から飛躍的な最適化、性能向上を果たしております。

ワットパフォーマンスに関してもGTX1070に及ばないながらも旧世代モデルと比較すれば大きくパフォーマンスが向上して1Wあたりの性能は大きく向上しています。

GTX1060搭載モデルは快適なゲーム、VRゲームをサポートしつつ値段もお手頃価格に抑えています。予算10万〜13万円程度で本体を考えているなら最高パフォーマンスを記録して楽しいゲームライフを贈ることができるゲーミングPCと言えます。

↑ ページの上部へ